鼠駆除は現状を把握することから始まる - 菌をまき散らす鼠駆除

鼠駆除は現状を把握することから始まる

鼠駆除は、どこから鼠が入ってきているのかを突き止めるのがポイントです。



屋根裏から下りてきているケースでは、巣でどんどん繁殖している状況もあり得ます。



壁に沿って移動する癖があるので、不自然に黒く汚れている等の鼠が移動した痕跡を発見しましょう。

おおまかな移動ルートを把握すれば、後はその経路に鼠駆除の罠などを設置するだけで完了です。
逆に、鼠の行動パターンが分からないままで適当に仕掛けると、時間だけが経過してしまう可能性が高いので注意しなければいけません。


実際の鼠の侵入口は千差万別で、動いていない換気扇の隙間といった外と通じている箇所のいずれかです。


必ずしも地面に近い場所からとは限らないため、2階や屋根裏に直接潜り込んでくることも警戒しておく必要があります。



時間と手間がかかる鼠駆除を成功させるには、自宅の周囲から観察して異常を全て見つけることが大事です。

外部から餌を求めて入ってきただけの鼠であれば、主な侵入口を物理的に埋めてしまう方法ですぐに片付きます。

人間と鼠の争いは歴史が長く、様々な鼠駆除の用品が販売されています。侵入口を塞ぐパテや金網は鼠の歯でも突破できない耐久性があることが必須だから、必ず実績があるものを選びましょう。鼠駆除の餌を仕掛ける時には、内部が汚れにくい容器に入っているタイプなら長期的に効果を発揮します。


巣に持ち帰った餌は他の鼠にも効果を及ぼすので、効率良く駆除できて便利です。