専門家が教える名古屋の水漏れ修理業者
2021年1月24日

雨漏り修理に火災保険は効く?

雨漏りが起きたらなるべく早く修理しないとどんどん被害が広がります。どこに依頼したらいいのか?金額はどれくらいかかるのか?不安にもなります。そんな時火災保険に入っている方はちょっと手続きをお待ちください。火災保険で無料で修理が出来る場合があります。

大雨台風突風で急に雨漏りした場合はほぼ出ます。家が古くなって劣化した場合は該当しませんが以前の台風や突風が明らかに原因とわかる場合は保険対象になることもあります。ただし被害にあってから3年以内なので注意が必要です。まずは専門業者に依頼してみましょう。

屋根は自分の目で見ることが出来ないので悪質な業者も存在します。知り合いですでに経験した方から紹介してもらうかインターネットで事前によく調べましょう。修理業者の中でも保険対応物件を扱ったことがない業者だと不備が出て保険が下りなくなることもあります。専門業者か火災保険物件を取り扱ったことがある業者に頼むと安心です。

雨漏りの修理といっても数万から十数万まで金額も差がありますが少額ではすまないケースも多々あります。雨漏りは火災保険で修理出来るという知識があればいざという時に天災だから仕方ない・・と自費で修理しなくてすみます。まずは専門業者に問い合わせてみましょう。専門業者でしたら無料で見積もりからはじまり保険会社への連絡修理となります。

保険会社への対応がスムースにいくかどうかは見積もりした専門業者が信頼出来るかどうかにかかっています。実績のある業者ならその業者からの報告であるというだけで申請が通ります。逆に言えば業者選びさえ慎重にすれば大雨台風突風による雨漏りは火災保険で修理が出来るということです。活用したいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *