専門家が教える名古屋の水漏れ修理業者
2021年1月21日

雨漏りの修理費用は火災保険が適用される

雨漏りが起きると修理に高額なお金がかかるので、ため息をつく人もいますが、火災保険に加入していれば雨漏りにかかった修理費用を保険で賄えることもあります。火災保険というと、火事だけにしか保険が適用されないという思っている人も多いですが、火事以外にも風災や水害、落雷や破裂などにも適用されます。加入している保険の契約書で確認してみるといいでしょう。台風などの強風で瓦が吹き飛ばされてしまったことが原因で、雨漏りが発生した場合は修理費用が火災保険から支払われることになります。

強風が起きてすぐに雨漏りが起きれば、原因が強風によるものだとわかりますが、しばらくたってからだと原因がわからない場合もあります。3年以内に起きた風災が原因ならば、十分修理を保険会社に請求できます。ただし20万円以上の修理費がかかった場合でないと、保険が適用されないケースもあるので気をつけてください。保険会社によって適用条件が違うので、早めに担当者に相談してみるといいでしょう。

火災保険を適用して欲しいので、雨漏りの修理業者を依頼する場合は、保険会社への申請がとても大事になります。保険会社の信頼がとても重要になるので、できるだけ実績が豊富な業者に依頼するといいでしょう。会社規模が大きかったり、ネットの検索順位が上位に来ている業者が、絶対に保険会社に信頼されているわけではないので注意が必要です。小さい業者でも、丁寧な仕事をしてくれる業者なら火災保険も適用されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *