専門家が教える名古屋の水漏れ修理業者
2021年1月18日

雨漏りの修理において火災保険が適応できる可能性

火災保険は、住まいにとって転ばぬ先の杖となるものです。必要十分な備えをしておけば、アクシデントにも余裕をもって対処することができます。衣食住という言葉通り、住まいは人間に欠かせない基盤ですから、用心しすぎることはありません。火災保険といっても、その適応範囲は火事だけに留まりません。

プランによっては他の自然災害にも補償されることがあり、ますます頼りになる存在になります。では、もっとも身近な災害の1つである、雨漏りはどうでしょうか。確かに一度屋根や天井から雨漏りしてしまえば、家の機能は大きく損なわれます。これは一見、補償されるに値する案件とも考えられがちです。

結論から言えば、火災保険で雨漏りが修理できるケースは、多くありません。なぜなら、こうしたアクシデントは、自然災害ではなく、家の経年劣化によって引き起こされることが大半だからです。住まいのメンテナンスは各人が行うべきことであり、保険でどうこうすべき問題ではないという観点なのです。ただし、はっきりと自然災害によるものと断定されたときは別です。

たとえば台風や竜巻などによって、屋根が壊されて雨漏りした場合には、火災保険の適応内となることがあるのです。それを証明するためには、普段から屋根をきちんと点検し、小まめに修繕することが大切です。専門の業者などを介して屋根を点検しておくことは、堅牢性を増すことと同時に、いざというときの災害認定にも役立つのです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *