専門家が教える名古屋の水漏れ修理業者
2021年1月9日

火災保険と雨漏りについて

自宅で雨漏りが発生した場合、それをどうやって修繕すればいいのでしょうか。普通は修理業者に依頼して直すことになるでしょう。ただしこの場合は、当たり前ですが修理業者に料金を支払わなければなりません。一方、これとは別の方法で直すこともできます。

それは、火災保険を適用させて修繕を行うことです。この方法を聞いたことがない方もおられるかもしれませんが、状況によっては可能です。しかも、この方法ならお金を一銭も支払うことなく直すことが可能です。なぜなら、修繕費用は火災保険でカバーすることができるからです。

保険が適用されれば、その補償範囲内で修繕に必要な費用は保険会社が出してくれることになっています。というわけで、自宅で雨漏りが発生した場合、火災保険を適用させることによって無料で修理を行うことができます。このことはあまり知られていませんが、ぜひ知っておいてください。さて、ここで問題になるのは、どうすれば保険を適用させられるかという点です。

雨漏りが発生したら全て保険でカバーできるとは限りません。保険会社によって調査が行われ、どういう状況で雨漏りが発生したかがチェックされます。そしてその状況によって、保険が適用できるかどうかが決まります。状況によっては保険が適用されないこともありますし、適用されることもあります。

ちなみに、風災によって屋根に隙間が出来て、そのせいで雨漏りが発生した場合は、火災保険を適用させることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *