専門家が教える名古屋の水漏れ修理業者
2021年1月6日

雨漏りは火災保険で修理

最近とても多いゲリラ豪雨や台風などによる集中豪雨などが原因で雨漏りが始まってしまった人はとても多くなってきています。屋根の修理費用は数十万円から数百万円もかかってしまうため、修理を躊躇してしまいがちです。しかし、雨漏りを修理しないで放っておくと屋根だけではなく、家の内装や家具などまで雨に濡れてしまい生活に支障がでてしまうし、その修理費用はさらにはね上がってしまいます。「自動車が壊れたときみたいに、保険で修理できないかな。

」と保険で修理ができれば大変うれしいですよね。ご自宅が火災保険に加入されている場合、意外と知られていませんが数百万円もかかってしまうかもしれない屋根の修理を無料でできる可能性があります。今回お話をする方法は、多くの方が加入されている火災保険を活用する方法です。「火災保険は火事のときだけしか使えないのでは。

」という人が多いのですが、実際はとても幅広く補償をしてくれ、屋根の修理だけではなく、駐車場、ベランダ、アンテナなども火災保険で修理できる可能性があるのです。火災保険は落雷・風水・雪災、水災など多種多様な自然災害から受けた被害を補償するものなのです。雨漏りはこの中の、水災ではなく、風災という補償を使って雨漏りを修理します。風災とは、台風により屋根が吹き飛ばされてしまったり、竜巻などの突然おこる突風などの場合のことです。

このような場合、風災補償を使って修理することができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *