専門家が教える名古屋の水漏れ修理業者
2020年11月15日

東京で風呂を温かく利用できるようにリフォームする

東京は温暖な気候ですが、冬の屋外は寒くなるときもあります。雪が降らなくても、屋外の空気は冷たくなります。木造建築の一戸建ての場合は、風呂の湯が冷めやすくなってしまう場合があります。もともと冷めやすいのではなく、建物の経年劣化によって断熱効果が弱まるのが原因です。

もともと木造建築の一戸建ては、鉄筋コンクリート建築と比べると、断熱効果が弱まるスピードが速いです。定期的に外壁塗装をリフォームしていれば、断熱効果は安定していますが、外壁が汚れていなければ、なかなか再塗装を決断するのは容易ではありません。東京の木造建築の一戸建ては、リフォームするのも大変な場合が多いです。住宅密集地域などは、工事車両が入りにくい路地が多く、リフォーム見積もりでも割増料金の対象になる場合があるからです。

建物全体ではなく、風呂に限定して断熱効果を高める方法があります。風呂をユニットバスに変更して、密閉空間ならではの断熱性を高める方法です。東京の狭い路地でも、風呂に限定した工事の車両であれば、大通りに停車して、必要な資材を搬入するのもスムーズです。工務店に依頼するときは、風呂をユニットバスにしたいと申し出ると良いでしょう。

鉄筋コンクリート建築のマンションのような断熱効果を、ユニットバスで実感できます。東京のリフォームは、工事車両の停車場所がポイントです。あらかじめ、どこならば停車できるのか確認しておくと、見積もりも契約もスムーズです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *