専門家が教える名古屋の水漏れ修理業者
2020年11月12日

東京で人気のあるお風呂のリフォームとは

お風呂のリフォームをする際、現在の浴室がユニットバスなのか在来工法なのかによって、費用が大きく異なります。ユニットバスの場合は、安ければ50万円程度ですむ場合もありますが、在来工法の場合は、土台や壁、床への漏水の可能性もあり、補修工事が必要となる可能性もありますから、ユニットバスからのリフォームよりも、費用がかかるケースがほとんどです。最近東京で人気となっているお風呂のリフォームは、ユニットバスト在来工法をミックスした、ハーフユニットバスという工法が人気となっています。ハーフユニットバスというのは、浴槽と洗い場、壁の下部分だけがユニットバスのようにセットになっていて、壁の上部と天井は在来工法のように、後から施工していくというものです。

浴槽や洗い場というのは、防水性が重要ですから、ユニットバスとなり、上半分は好みの素材やデザインを組み合わせることができるため、現在東京を中心に人気のお風呂リフォームとなっています。ハーフユニットバスは、天井高なくユニットバスが設置できない場合や、2階に浴室を設置するといった場合に有効な方法です。ハーフユニットバスは、1坪や1.25坪が基本となっていますが、オーダーメイドタイプもあり、在来工法でリフォームするよりも防水性があり工事費も抑えることができます。東京で人気のハーフユニットバスですが、ユニットバスと比べると取り扱っている商品が少なく、選択肢が限定されてしまうというデメリットがありますから、よく検討することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *