専門家が教える名古屋の水漏れ修理業者
2020年11月9日

東京でお風呂のリフォームをするには

東京でお風呂のリフォームをするには、自分の家のお風呂のサイズをきちんと把握しておく必要があります。浴室のサイズは、ユニットバスの場合規格が決まっていますから、その規格に合ったものではないと設置することができません。昔ながらの在来工法であれば、自由に設計することができ、浴槽もヒノキなどこだわりのものを選ぶことができますが、ユニットバスはあらかじめ材質やサイズなどが決まっていますから、自由度が少なく、バリエーションが少ないというデメリットがあります。ただ、工場で作ったパーツを現場で組み立てていく工法なので、作業時間も短く、費用も安く抑えることができるということで、お風呂のリフォームではこのユニットバスが多く選ばれています。

東京では、ハーフユニットバスが人気のお風呂リフォームとなっています。ハーフユニットバスというのは、ユニットバスの一種ですが、浴室の床から浴槽までの下半分を工場で作成し、上半分を在来工法で自由にデザインすることができるもので、ユニットバスの防水性と、在来工法のデザイン性をあわせもった工法といえます。従来のユニットバスは、形状が決まっていますから、屋根が斜めになっている場合などは設置ができませんでしたが、上半分が在来工法になっていますから、こういった形状が特殊な場合でも問題なく施工をすることができます。東京で人気のハーフユニットバスは、ユニットバスよりも工期がかかってしまいますが、ユニットバスの設置が難しい場所でも設置が可能で、自由度もありますから、人気となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *