専門家が教える名古屋の水漏れ修理業者
2020年9月6日

名古屋で蛇口の水漏れ修理をしたいと思ったら

名古屋で暮らしている方の中には、家の水回りに設置した蛇口あるいは水栓の水漏れで、日頃から困っているケースがあるはずです。ハンドルレバーを閉めても吐水口からポタポタと水が漏れる、蛇口を開くたびに台座や壁との接続部からもチョロチョロと水が流れる等、名古屋の家庭でもこのようなトラブルが跡を絶ちません。そのままにしておくと、蛇口や水栓の本体がサビや水垢で腐食しやすくなります。それどころか周囲の床や壁などの建材にまで、深刻なダメージを与えることもあり得ます。

このようなリスクを避けるためにも、できるだけ速やかに修理することが求められます。そもそもこのような水漏れのトラブルが起こる原因は、水栓のパーツの経年劣化やナットのゆるみによるケースがほとんどです。通常では水栓の耐用年数は約10年と言われており、その時期に近づくと水栓のパーツに様々な異常が出始め、水漏れへとつながります。例えばシングルレバー混合水栓の吐水口やレバーハンドル周辺から水が漏れるなら、カートリッジの劣化が考えられます。

また水栓の台座や壁との接続部から漏れるケースでは、パッキンの劣化の他にも、ナットやボルトのゆるみが推測されます。経年劣化したパーツ類の修理は、交換が中心になります。ナットやボルトのゆるみなら、家庭内にある工具で簡単に締め直すことが可能です。しかしパーツ類の交換では、比較的複雑な工程を覚える必要があるため、不慣れな素人の方では難しいかもしれません。

そこで名古屋で信頼できる水道メンテナンス会社へ、速やかに依頼することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *