専門家が教える名古屋の水漏れ修理業者
2020年9月3日

名古屋の蛇口からの水漏れの主な原因

名古屋で蛇口からの水漏れが起きた時の主な原因には色々ありますが、主にハンドル内のパッキン・ケレップのゴムパッキン・バルブカートリッジの劣化か破損が多いです。ハンドル部分には開いたときに中から水が溢れないようにゴムパッキンが使われていて、これは使っていく間に劣化し弾性が無くなってきます。弾性がなくなるとゴムが固くなりナットの隙間を埋められなくなり漏れてきます。ケレップという部品にもパッキンが使われていて、これは給水管から水栓への水の流入を塞ぐ役割があり、ハンドルを回すことでケレップが持ち上がって水栓内部へ水が入り、吐水口から水が流れます。

ハンドル部分のパッキンと同じく、経年劣化で固くなるとケレップの隙間から水が漏れてきます。名古屋の最近の蛇口は台アイはレバーハンドルですが、これも水漏れが起きることがあり、この場合だとバルブカートリッジが中へと入ってます。バルブカートリッジはレバーを左右へ動かすとお湯と水の切り替えが出来る部品で、壊れるとお湯または水しか出なくなり部品の隙間から漏れてきたりします。名古屋の水漏れが起きる蛇口には壁付きタイプでも起きることがあり、これはパッキンなどの部品劣化以外にシールテープの劣化が原因だったりします。

壁付の水栓と壁の間から漏れてきたらシールテープが劣化してないか確認し、ぼろぼろに剥がれていたらまき直しが必要です。壁付きタイプは直接給水管と繋がっていて、水栓を取り出すときは元栓を閉めてから作業をします。名古屋の蛇口の水漏れのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *