ポップコーンマシーンをレンタルするときのポイント

ポップコーンマシーンのレンタル専門店では衛生面はもちろん重視されていますが、利用者の元へポップコーンマシーンが届いたがイベントで実際に使って見たら動かないと言う事態もあり得ます。

まずは電気工事技術士のもとで利用者の元へ届く機器を発送前に入念にチェック・メンテナンスしています。そこから発送するので、このような事態が発生する可能も少なくなります。よく使われるポップコーンマシーンは、ケトル素材がアルミになっているので真っ黒に焦げ付いていることもありせっかくのイベントですが、焦げたケトルで作るポップコーンを来場者にお渡しするのは気がひけると言うこともあります。

「真っ黒に焦げたケトルで作ったポップコーンは衛生面も気になるし、食べたくない。」と言うのがお客様の本音になります。ケトルが焦げ豆への熱が伝わりにくくうまく作れないこともあり、焦げ付いたポップコーンが出来上がる可能性もあります。焦げに関しては今まで使われていて他の利用者がレンタルした時に付いたものなので、衛生的にも良いと言えるものではありません。

気になるときはレンタルする前にケトルの焦げはきれいに落ちているかを電話で確認することも必要です。お客様へは衛生的できれいなケトルで作られたポップコーンを提供することがモットーというケースでは、プロの電気工事技術士の下でステンレス素材のケトルをしっかり重曹で落とし衛生面でもきれいにしたものを使うことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *