ポップコーンマシーンをレンタルして使いこなす

ポップコーンをイベントなどで作るときは、レンタルショップでポップコーンマシーンを借りるケースが多いです。

そして、ショップでレンタルするポップコーンマシーンによって仕上がるポップコーンの味が変わります。ポップコーンを美味しく焦がさずに作ることができるものを選ぶのも、美味しく作れるポイントです。失敗例としてほとんどが長く加熱し過ぎてしまい、ポップコーン自体が焦げてしまうケースです。豆が跳ね終わったらすぐにストッカーへ入れていくことで解決できます。豆が次から次へとはねケトルからこぼれていくので、跳ねる間隔がだんだん長くなっていきます。

跳ねる間隔が5秒間隔になった時点で仕上がりとなるので、モーター・ヒーターのスイッチを素早く切りケトルのハンドルを回します。ポップコーンをストッカーへ空けていくとき、そのタイミングを逃してしまうと長く加熱することになり焦げ・苦くなります。これがよくある失敗例なので気をつけて作ります。レシピ通りに作ったとしても、特に難しいキャラメル味は失敗することがあります。原因としては電圧が低下しているケースでポップコーンマシーンに、100Vの電圧が流れるように設置します。

100Vがどう対処しても流れず焦げたり、豆が跳ねない場合は最終手段として材料をレシピの量から20~30%ほど減らすことでうまくいく可能性もあります。ケトルが規定の温度まで上がらないことから、発生する失敗例なので材料を少し減らすことによってうまくできる可能性が上がります。ケトルの底を焦がし、そのあとも作る必要があるときは豆を90グラム投入し跳ねさせてから、ヒータースイッチをきり5~10分くらいモーターを回し続けます。従って焦げが乾いて剥がれやすくなるのでポップコーン自体が焦げを取り除きます。このようにレンタルマシーンをうまく使うことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *