平成26年にタミフル服用でメンバー入れ替え

日に日に寒さが増し、寒波が訪れる機会も増加傾向にあります。
こういった気候になると、注意しなければならないのが、インフルエンザです。
しかも、近年では、タミフルの効果が比較的低いA型が流行する傾向にあります。
インフルエンザというのは、ウイルス性の病気ですが、ウイルスには主にA型とB型そしてC型があります。
こうしたインフルエンザというのは、感染源や性質に差異があります。
そのため、その時期に流行する型に着目し、調べなければなりません。
つまり、近年はA型のインフルエンザが流行する傾向があるので、A型に対し注目しましょう。
上述したように、タミフルの効き目が低いA型というのは、他の型式に比べると、爆発的に流行しやすいという特徴があります。
さらに、ウイルスが変異しやすい上に、感染しやすいというのも特性の一つです。
過去の大流行したソ連型や、近頃話題にのぼることが多い鳥インフルエンザ、そして香港型は全てAという区分けがされます。
加えて、全インフルエンザウイルスの中で、6割のもの比率があることが判明しています。
タミフルが効きにくいウイルスが、全体の6割もあるということは、脅威となる存在です。
こういった特性があるので、B型やC型に比べると、流行しやすいとされているわけです。
インフルエンザウイルスに感染した際には、三大症状が起こるとされています。
それは、高熱をはじめ悪寒や寒気、筋肉痛や関節痛です。
インフルエンザウイルスが、体内に侵入してきた場合には、確実に高熱に苦しまされることになります。
40度もの高熱になることも珍しくなく、このような高熱により、寒気や悪寒を感じるのです。
タミフルには、解熱作用がないので、高熱を下げる用途には使用できません。

ページの先頭へ戻る