富士フイルムでは市販薬かタミフルか?

毎年、予想通り大流行するのが、インフルエンザです。
例年、ほぼ同時期に流行するので、流行期前に予防対策を講じる方が居るものの、対策しても感染してしまう場合があります。
ワクチンの予防接種を受けていても感染した場合は、まるでワクチン接種を行っていないように重症化する場合が珍しくありません。
感染後、病院に出向くとまず医者から処方される薬といえば、タミフルです。
タミフルは、一言で言うと体内において、インフルエンザウイルスの増殖を予防するための薬です。
つまり、ウイルスが現状よりも増加することがないので、現時点よりも悪化することがなくなります。
通常、感染後48時間が経過する前に、体内に投与することが重要であるとされており、定められた時間が経過してしまうと効果が薄れてしまいます。
治療時に、タミフルを服用することが定められている期間というのは、5日間です。
服用期間は5日間ですが、多くの方が服用開始後3日以内で解熱すると言われています。
解熱すると、体が楽になり行動できるようにもなるので、治癒したと考え、飲用をやめてしまう方が多いです。
しかし、熱が下がっただけでウイルスは体内にたくさん存在し続けています。
そのため、処方されたタミフルは、しっかりと指定された期間飲み続ける必要があるのです。
以前、タミフルを服用してから、特異性のある行動をする患者が多いという事が報道されました。
タミフルが、特異性のある行動とどこまで関係しているのかは明確になっていないものの、タミフルを服用することで頭痛や腹痛、めまいや動機が生じることは確認済みです。
そのため、飲んでから通常とは異なる様子になったら、すぐに医者に相談するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る